ヤモリの種類日本の生息6種の特徴や寿命などをまとめてみた!

トカゲ

あれ?なんか部屋が匂う?!

それは爬虫類や餌昆虫が原因かもしれませんよ!

一度染み付いた嫌な臭いはなかなか取れないもの。 でもご安心を!

こちらを見ればあなたの家も無臭空間に!

お部屋の匂い対策を見る

 

トカゲ(爬虫類)好きの皆さんこんにちわ!

皆さんは「ヤモリ」のイメージってありますか?

 

爬虫類に詳しくない方は、

「家の周りをチョロチョロしている小さな生き物」と感じているでしょう。

 

ヤモリは「家守」「守宮」などと表記され、

読んで字のごとく家を守るものとされています。

日本人にとって身近なヤモリであるニホンヤモリが主に家屋や建造物の周りに棲んでいて、

屋内で見かける機会が比較的多いことに由来でしているようです。

 

日本に生息するヤモリは「ニホンヤモリ」だけじゃありません!

他にも種類がいるんですよ~。

今回は日本に生息するヤモリを6種ご紹介いたします♪

 

スポンサーリンク

ヤモリの種類日本に生息6種の特徴や寿命など

 

日本に生息するヤモリの多くは、

ヤモリ亜科コバンヤモリ属のグループにいるような気がします(笑)

だからなのか、

ビジュアルも似ていて、

そのほとんどが体色がジミ~なんです(;^ω^)

 

控えめな日本人と同じですね~♬

それはヤモリだけではなく、

日本に生息するトカゲもそうなんです!

 

日本に生息するトカゲはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

トカゲの種類日本7種の生息地や特徴など飼い方のポイントをまとめてみた!
 トカゲ愛が止まらない初心者の皆さんこんにちわ!実は爬虫類が大好きなSPIN☆と申します♪ 爬虫類って気持ち悪いとかあまり良い印象を持たれないですが、そんなことないですよね!!!とてもユーモラスで可愛らしい生き物ですよね~♬ ...

 

※大人の事情で画像が使えない種類がいます。

その際は私のドヘタなイラストになってますのでご了承くださいませ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 

日本に生息するヤモリ ニホンヤモリ

 

ニホンヤモリは日本の北海道を除く、

本州、四国、九州地方に生息します。

 

体色の違いが激しく、

灰色ベースに、黒、白など様々な色の個体がいます♪

 

ニホントカゲはもともと日本に生息しておらず、

江戸時代に中国から日本へと定住したと言われており、

その為に日本の寒さに弱く冬眠するのが苦手とも言われています。

 

可愛いやつです( *´艸`)

 

  • 【壁面棲】【夜行性】
  • 生息地:本州、四国、九州地方、対馬、朝鮮半島、中国
  • 大きさ:10~14cm
  • 寿命:5~15年
  • 性格:臆病で繊細
  • エサ:昆虫やクモ、特に蛾やゴキブリなど
  • 相場:500~2000円
  • 適温:18~26℃
  • 飼いやすさ:★★★★

ニホンヤモリの飼育方法などはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ニホンヤモリの飼い方や餌と寿命や値段は?保護したヤモリはどうすればよい?
 日本のヤモリと言えばニホンヤモリ。名前そのまますぎですが(笑)でも意外や意外!実は外来生物だったんですね~。 そのせいか日本の冬を越すのが苦手と言われています。他のヤモリと比べると地味~な体の色をしていますが、とても可愛ら...

 

日本に生息するヤモリ  ミナミヤモリ

イラスト:SPIN☆

 

ミナミヤモリの体色は灰色~褐色で、

環境に応じて体色の色を変化させます。

 

主に森林に生息しますが、

民家に生息することもあり。

 

ミナミヤモリの画像はこちら

 

  • 【森林樹上棲】【夜行性】
  • 生息地:日本、中国、台湾
  • 大きさ:10~13cm
  • 寿命:約10年
  • エサ:主に昆虫、節足動物、爬虫類の幼体など
  • 性格:臆病、繊細
  • 相場:1000~2000円
  • 適温:不明(調べても出てこず…。)
  • 飼いやすさ:★★★★

日本に生息するヤモリ タシロヤモリ

イラスト:SPIN☆

 

タシロヤモリはヤモリ亜科ナキヤモリ属です。

「ナキヤモリ」の名前の由来は、

オスが縄張りを示したり求愛時に鳴き声を上げる種が多いため。

一部鳴かない種もいるそうです!

 

この種は英名の一つ「ハウスゲッコー」とも呼ばれます。

タシロヤモリの画像はこちら

 

  • 【樹上棲or壁面棲】【夜行性】
  • 生息地:日本(奄美大島)、東南アジア、インド、台湾
  • 大きさ:9~12cm
  • 寿命:約10年
  • エサ:主に昆虫
  • 性格:臆病
  • 相場:不明 ※絶滅危惧種Ⅱ類

日本に生息するヤモリ オンナダケヤモリ

 

和名は本種が沖縄本島の恩納岳で初めて発見されたことに由来します。

どうしても頭の中でのイメージは「女だけ」ですよね( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 

生餌用ヤモリとしても利用されています(;’∀’)

民家の屋内や人家周辺の木などに生息します。

 

オンナダケヤモリの画像はこちら

 

  • 【壁面棲】【夜行性】
  • 生息地:日本の南西諸島、中国南部、太平洋の島々、マダガスカルなど
  • 大きさ:8~12cm
  • 寿命:約10年(ヤモリに準ずる)
  • エサ:主に昆虫など(ヤモリに準ずる)
  • 適温:18~30℃(ヤモリに準ずる)
  • 相場:1000~3000円
  • 飼いやすさ:不明

 

オンナダケヤモリとは種類が違いますが、

似ているヤモリがいます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ヒラオヤモリ(ハウスゲッコー)の特徴や飼育方法のまとめ
 ヒラオヤモリは東南アジアの国々に幅広く生息するヤモリです♬ニホンヤモリや沖縄のホオグロヤモリよ同じように、街中や住宅などで普通に見れらるヤモリです。 そしてちょっと衝撃ですが、ヘビなどの餌用に大量に輸入されているヤモリでもあり...

 

日本に生息するヤモリ キノボリヤモリ

イラスト:SPIN☆

 

オガサワラヤモリと同様、

単為生殖をおこなう種です。

 

この単為生殖とは何ぞや!!!

ですが、

メスがオスと関係なしに新個体を生ずる現象のこと。

 

ぶっちゃえいえば、

オスがいなくても子供が作れるってこと!!!

 

キノボリヤモリの画像はこちら

 

  • 【森林樹上棲】【夜行性】
  • 生息地:日本の南西諸島、東南アジア、南太平洋の島々
  • 大きさ:7~10cm
  • 寿命:約10年(ヤモリに準ずる)
  • エサ:主に昆虫(ヤモリに準ずる)
  • 性格:臆病(ヤモリに準ずる)
  • 適温:18~30℃(ヤモリに準ずる)
  • 相場:不明
  • 飼いやすさ:不明

日本に生息するヤモリ クロイワトカゲモドキ

イラスト:SPIN☆

 

山地の常緑広葉樹やその周辺にある石灰洞などに生息します。

昼間は倒木の下や洞窟で休む。

 

開発による生息地の破壊や、

人為的に移入された動物による捕食などで生息数は激減!

1978年に種として沖縄県の天然記念物に指定されている。

 

クロイワトカゲモドキの画像はこち

 

  • 【地上棲】【夜行性】
  • 生息地:沖縄本島、古宇利島、瀬底島
  • 大きさ:14~19㎝(メスのほうが大きくなる)
  • 寿命:野生下で30年くらい
  • エサ:主に昆虫、クモ、多足類、陸生甲殻類などの地上節足動物など
  • 性格:大人しい
  • 相場:800~4000円
  • 相場・飼いやすさ:沖縄県、鹿児島県で天然記念物に指定
スポンサーリンク

日本に生息するヤモリ まとめ

 

いかがでしたか~?

日本人と同じくやや控えめなビジュアルをしている種類が多いですね~♬

 

ヤモリは日本人にとって、

一番身近な爬虫類かもしれませんね~。

でも私は北海道だからか、

ヤモリもトカゲも自然のものは見たことありません( ̄ー ̄)

 

まだまだ苦手な方もいるみたいですが、

家の中にいてもなんの害もないどころか、

家の中に入ってきた害虫を食べて駆除してくれる、

さすが「家守」と呼ばれるだけあって、良い仕事するんだけどなぁ。

 

そんなヤモリが愛おしく感じてきますね(笑)

 

日本のヤモリは控えめかもしれませんが、

世界に生息するヤモリはトカゲ同様カラフルなものもいて、

面白かったりします!

世界に生息するヤモリはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ヤモリの種類世界7種の特徴や大きさ寿命などをまとめてみた!
 ヤモリの仲間は英語で「gecko」(ゲッコー)と呼ばれています。これは東南アジアの大型ヤモリである「トッケイヤモリ」の鳴き声から名づけられた呼び名で、ヤモリ全般を指す言葉として定着しました。 アフリカや東南アジア、アメリカなど様...

 

ちなみに世界に生息するトカゲはこちらです♬

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

トカゲの種類世界9種の生息地や特徴と飼い方ポイントをまとめてみた!
 爬虫類愛が止まらない皆さんこんにちは!地味に爬虫類が大好きなSPIN☆と申します♪ 最近は爬虫類をペットにしたりする人が増えましたね~♬でも、まだまだ爬虫類はあまり良い印象を持たれなかったり(;'∀') よく見たらめちゃ可...

 

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村

コメント