サイイグアナは販売されているの?!生態や特徴をご紹介!

イグアナ

イグアナの種類、特徴、飼育方法を総まとめ。

あなたの知らないイグアナの魅力を爬虫類探偵の私が伝えます♪

イグアナの飼育方法を見る

サイイグアナはイグアナ科ツチイグアナ属に分類されるトカゲです。

小さな恐竜のようでカッコいいイグアナですが、販売されているか???

 

実はサイイグアナはサイテスⅠ類なので、販売されていません!!!

 

ですが、アメリカのエキスポで売られていたりするらしいという情報もあります。

見た目はごつくていかめしいので、さぞや気性は荒いんだろうな~と思われますが、意外や意外!

性格はグリーンイグアナに近いそうです!

 

ということはある程度知能が高く、自分の名前も覚え、呼んだら近寄ってくる!!!

想像するだけでたまらなく可愛いんですけど!!!( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 

ここではそんなサイイグアナの魅力についてご紹介いたします♪

販売されていないから飼育方法は紹介しません!

というか、グリーンイグアナとほぼ同様です( ̄ー ̄)

 

そしてサイテスⅠ類ですが、日本のとある動物園で日本で初めてサイイグアナの人工孵化に成功したらしいので、そちらもサクッとご紹介しますね!

 

サイテスとは何ぞや?!

こちらを見て!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

サイテスとは?ワシントン条約と爬虫類に関する疑問にお答えします!
 爬虫類に関して調べていると、何かしら出てくる「サイテス」という言葉。一体何なの?って感じですが、「CITES(サイテス)」は簡単に言うとワシントン条約のこと。 ワシントン条約って学校でも習ってるので、耳にしたことがあると思い...

 

グリーンイグアナについてはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

グリーンイグアナ飼育のポイントや放し飼いのコツなどご紹介!
グリーンイグアナは学名が「イグアナ・イグアナ」。その名の通りイグアナを代表する存在です。 グリーンイグアナは頭が良くて、トイレや飼い主の顔を覚えたり、名前を読んだら寄って来たり、餌は草食なので虫が苦手な方も安心という面で、飼育しやすい...

 

スポンサーリンク

サイイグアナの生態や特徴

 

イグアナ

 

この画像は私が札幌にある円山動物園で撮った写真です。

この子可愛いんですよね~♬

サイイグアナっていかついイメージだけど、よく見ると、と~っても優しい瞳をしているんです( *´艸`)

 

なんかおっとりした感じ(笑)

だからこの子見に行くだけでも幸せな感じ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 

サイイグアナは結構可愛いので、飼育してみたいかたもいらっしゃるかもしれませんが、サイテスⅠ類に掲載されているため日本では販売してません(;’∀’)

なので、サイイグアナの生態や特徴についてご紹介します!

 

サイイグアナの特徴

 

実は飼育できないし販売できないからなのか、情報がとても少ない(-_-;)

少ないながらもわかりやすくご紹介していきます!

 

サイイグアナは全長130㎝ほどにまで成長します。

名前からも想像できますが、鼻先から目の間に「サイ」のような角があります。

これはウロコなんですよ~。

 

体色は暗褐色から黒色で斑紋などはありません。

成熟すると後頭部と頬の下が大きくこぶ状に隆起します。

背中線のクレストのトゲ状の突起はそれほど長めには発達しません。

 

幼体はクレストが発達せず、体色は黒味が強く不鮮明な明色の横縞が9本入ります。

この横縞は成長するに従い消失。

 

  • 【半樹上棲】【昼行性】
  • 幼体時は樹上棲が強いが大人になると地上性が強まる
  • 生息地:アメリカ(ナヴァッサ島)、ハイチ(イスパニョーラ島)、ドミニカ共和国(イスパニョーラ島)
  • 大きさ:~130㎝ほど
  • 寿命:不明
  • 性格:グリーンイグアナと似ている?!
  • 餌:植物食性が強い雑食。植物の葉、花、果実、昆虫類など
  • 適温:35℃前後、夜間25度前後、HOT40度前後

 

スポンサーリンク

 

サイイグアナの生態

イグアナ

サイイグアナはカリブ海に生息するイグアナです。

ツノイグアナ属(イワイグアナ、ツチイグアナ)は、カリブ海諸国に分布する比較的大型のイグアナで、8,9種が知られています。

基本的に葉小さな島でしか生息していないので、絶滅が危惧されていて、全種がサイテスⅠ類になっており国内では種の保存により、流通や飼育が基本的に禁止されています。

サイイグアナはイスパニョーラ島の基亜種で、モナ島、ナヴァッサ島の個体群を含め3亜種に分けられています。

ただし残念なことにナヴァッサ島の個体群は野性下では絶滅したと考えられています(-_-;)

サイイグアナは海岸や岩場、断崖、それらに隣接した乾燥林などに生息します。

オスは縄張りを形成し、他のオスが縄張りに侵入すると口を大きく開けて互いに押し合って争います。

なんか動物のサイっぽいですね(笑)

危険を感じると岩の隙間に逃げ込んだり、水中に飛び込んだりして逃げます。

食性は植物食性が強い雑食で植物の葉や花、果実や昆虫類などを食します。

繁殖形態は卵生。

繁殖期になるとオスは頭部を上下に振りメスに求愛をします。

なんか可愛いですね♪

現地の雨季である5~6月に交尾を行い、40日ほどで2~34個、平均で17個ほどの卵を産みます。

卵は80日ほどで孵化します。

そして生後3~5年ほどで成熟し繁殖が可能に。

スポンサーリンク

日本初!サイイグアナの人工孵化に成功!

 

イグアナ

 

お目目が可愛い♡

こちらも私が撮った写真です♬

サイイグアナが可愛いとわかりますよね~( *´艸`)

 

サイテスⅠ類に掲載されているサイイグアナですが、何やら日本で初めてサイイグアナの人工孵化に成功したらしいので、そちらをサクッとご紹介します♪

 

静岡県河津町にある動物園「iZoo(イズー)」で、2018年11月10日に絶滅の恐れがあるサイイグアナ3匹が孵化しました。

同園はサイイグアナの人工孵化に成功したのは国内初としています。

 

2018年の6月にチェコから来たメスが卵を産んだそう。

8月22日に7個の卵を孵化器に入れ、11月の10日の朝に1匹が卵から頭を出しているのを確認。

同日お昼頃に3匹が卵から出てきたそうです。

 

んでだ。

このサイイグアナちゃんの残り4匹はどうした???

調べてみるも情報ナッシング( ゚Д゚)

iZooのHP見てもなんもわからんちん(-_-;)

元気に育っていることを願います。

 

そしてこのiZoo(イズー)ですが、と~っても行ってみたい!!!

何やら同園は日本最大の爬虫類・両生類の動物園だとか。

 

こりゃ爬虫類好きには堪らん!!!

いつかここに行くのが今のところ私の夢です( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 

スポンサーリンク

サイイグアナのまとめ

 

まとめ

 

生まれたサイイグアナちゃんたちが気になるところですが(笑)

もしiZooに行ってこの生まれたサイイグアナちゃんがどうなったのか分かった人はご一報ください!!!

 

なんせこちら北海道(笑)

電話で問い合わせしようかとも思いましたが、もし死んでいたら気まずいので止めました(笑)

そこらへん私は嫌なの……………。

ごめんなさいm(__)m

 

もし動物園に行ってサイイグアナいたら、観察してみて!!!

と~っても可愛い瞳してるから!!!

イグアナ
スポンサーリンク
SPIN☆

皆さまはじめまして♪
SPIN☆と申します。

爬虫類に興味を持ち始め、現在に至ります。
爬虫類の奥深さに日々勉強です♬
初心者でもわかりやすいようにご紹介できればと思います!

爬虫類探偵SPINの部屋

コメント