カメの飼育3種類の基本を学ぼう!これから亀を飼いたい方へ~

 

カメってなんか可愛くて癒されますよね♪

カメと言っても実は生態によって飼育方法が異なります。

 

飼育方法は主に3種類。

今回は3種類の飼い方など基本をご紹介いたします!

あなたのライフスタイルやこれからお迎えしたいカメちゃんに合わせて準備しましょう。

 

スポンサーリンク

カメの飼育の種類について

 

まずは何故種類があるのか簡単に説明しておきますね♬

 

カメの仲間の生活スタイルは大きく分けて3つ。

  1. 完全に陸棲のみに生活するタイプ
  2. 水中と陸上の両方を生活の場とするタイプ
  3. ほとんど陸に上がることのない水棲種タイプ

飼育したいカメの生活スタイルによって、準備する設備も変わってきます。

この3つの分け方はあくまでざっくりという感じ(笑)

 

理由は、例えば陸棲種でも砂漠に住むものから湿った森林地帯に棲むものまで、生活のスタイルも千差万別だからです。

 

ここでは、基本的な飼い方のみをご紹介しますので、これをベースに飼育するカメの種類や生息環境を良く調べ、理解して、基本を応用して大事なカメちゃんにとっての最適な環境を作ってあげてください♪

 

スポンサーリンク

カメの飼育の種類1、陸棲種の飼い方

 

カメ

 

SPIN☆
SPIN☆

ギリシャリクガメ、ヒョウモンガメ、ケヅメリクガメ、アカアシガメなどのリクガメの仲間と、カロリナハコガメ、セマルハコガメ、モリイシガメなどの陸生の強いヌマガメの仲間が含まれます♪

飼育ケージ

 

陸棲種には背の高いものよりは、面積の広いケージを選ぶようにします。

通気性の良いタイプを選んでくださいね。

 

まだ小さいうちはこの飼育ケージでOK。

 

こんなオシャレなタイプもあります。

横幅も100㎝なので大きくなっても使えます。(種類によります)

 

こちらは爬虫類専用の飼育ケージで、使いやすいです。

陸棲タイプの亀だと、水槽じゃなくても使えますので選択肢が多くて助かります(笑)

 

保温器具はパネルヒーターや保温用の電球が必須。

その他に別の場所にバスキングスポット(ホットスポット)に当てるバスキングライトも必要です。

 

パネルヒーターなら上でご紹介したジェックスのケージで使用でき、木製のケージなら保温球を使います。

飼育ケージの構造に合わせて保温器具をセレクトしましょう。

両方とも使えるケージなら、使いやすいタイプを選んでください♪

 

こちらは飼育ケージの天井部分(メッシュになっているタイプ)に取り付けるパネルヒーター。

飼育ケージの大きさに合わせてサイズを選ぶようにしましょう。

 

 

飼育ケージ内の温度は飼育するカメの種類によって違いますが、保温球1つだけで温度が保てないようなら追加でもう一つ取り付けるなど工夫しましょう。

 

このバスキングライトは紫外線も照射してくれますので一石二鳥です。

紫外線を照射しないタイプのバスキングライトを使用する場合は、その他にUV(紫外線)ライトの設置も必要になります。

 

バスキングライトはバスキングスポット(ホットスポット)に当てるライトです。

バスキングスポットは飼育ケージ内の左右どちらかに寄せて作ります。

これはどのタイプの亀や爬虫類でも同じですよ~。

 

バスキングライトは夜間は消してください。

太陽の代わりと思ってください。

1日8時間は照射してあげましょう。

 

天気が良くて気温が18℃以上あるときは、日光浴をさせることが出来たらさせてあげて、気温がそれ以下の時や30℃以上の時は無理して外には出さず室内で過ごさせましょう。

 

飼育ケージ内に敷く床材は、リクガメ類には乾いた鹿沼土や砂利、木材のチップなどを使用し、セマルムツアシガメや陸棲傾向の強いヌマガメ類には湿らせた水苔や砂利などを使用しますが、メンテしやすい木材のチップなどがおすすめ。

 

 

リクガメ類はもちろん、少し湿度が必要なカメにも使用できます。

湿度が必要ならチップに霧吹きなどで湿らせます。

 

湿度はある程度必要ですが、蒸れには弱いので水槽用のファンなどを使用してケージ内の空気を循環させましょう。

 

水槽用ファンの使い方は、風をケージ内に向けるのではなく、外へ向けるように設置します。

 

スポンサーリンク

 

日常の管理

 

餌は飼育する種類にあったものを、幼体には1日1回、成体の場合は1日置きに与えましょう。

あくまで目安です。

 

リクガメ用の人工飼料に慣らしてもいいですが、単品のみの餌を与え過ぎないように注意し、バランスよく複数の餌を与えましょう。

 

これを何パターンか作っておくと、ローテーションを組んで与えることが出来ます。

そして餌だけでは不足しがちなビタミン類やカルシウムなどは、幼体の場合は毎回、成体は1回置き位の頻度で適量を餌にまぶして与えます。

 

 

ビタミン入りのタイプとプレーンタイプの2種類があります。

 

複数飼育の場合ですが、一般的に協調性はよくて問題ありませんが(種類による)、極端にサイズの異なる個体は一緒にしないように!

 

小さいサイズの個体は、押しのけられたり、酷い場合は上に乗られてしまったり、給餌の時などは大きい個体ばかり餌を食べてしまい、小さい個体は餌を満足に食べられず、拒食やストレスが原因で体調を崩す場合があります。

 

同じ大きさの幼体を複数飼育する場合でも、成長速度にばらつきがあるので、甲長が1,5倍以上差が開いてしまったら、別々に飼育したほうがベストです。

 

スポンサーリンク

カメの飼育の種類2、半水棲種の飼い方

 

亀

 

SPIN☆
SPIN☆

こちらはアカミミガメ、ニシキガメ、イシガメ、クサガメなどのヌマガメ類やヒメカエルガメ、ヒラリーカエルガメ、ヌマヨコキクビガメなどのヘビクビガメの仲間が含まれます~♬

飼育ケージ

 

カメの大きさに合わせ水槽を用意します。

 

 

水槽の底に敷く床材はなるべく水質を弱酸性に保てる粒の細かいものを使うと、カメの皮膚の状態など良く保つことが出来ます。

 

こちらは弱酸性に保ってくれます。

 

生きたバクテリアが砂の汚れや沈殿物を分解し、飼育水を素早く立ち上げ長期間水質を安定させます。

約1か月で大きな差が出る糞や残餌などの有機物を分解するバチルス属のバクテリアを配合したブラックソイルで水洗い不要!

 

フィルターは底面フィルターがおすすめですが、これは好みで(笑)

 

 

水槽の大きさに合わせてフィルターの大きさを選んで!

フィルターの設置ですが、水の吐出口まで水面をあげ、揚水を確認してから水を抜いて水深を低くします。

 

初めての方は意味がわかりにくいかもしれませんが、フィルターの構造を見たらわかりますよ♪

水深は亀の甲羅の高さの2~3倍くらいを目安にして!

 

次に陸地を3分の1ほど作ります。

流木などを使って陸地にするのもいいですし、陸地用のアイテムも豊富にありますのでお好みを選んで!

 

 

水深が低いので、水が飛び散らないように、水の吐出口に流木などを置き、それを伝って水が流れ落ちるようにすると良いですよ~♬

 

ろ過力向上のため、水槽セット時にろ過バクテリアを加えると良いですが、上でご紹介した砂なら問題なし。

 

保温器具は保温用ライトとバスキングライトを使用します。

陸地にバスキングスポット(ホットスポット)を作り、カメの種類によって違いますが、平均して40℃くらいの温度になるようにします。

 

バスキングライトは陸棲種でご紹介したものと同じでOK!

保温器具は保温球とパネルヒーターを使用。

 

保温球は陸棲種と同じでOK!

パネルヒータは水槽の下に敷く(外側だよ)タイプがオススメ。

 

 

水温が20~28℃くらいになるようにします。

パネルヒーターのみで足りない場合は上から保温球を使ったり、パネルヒーターを増やしたりアレンジして調整しましょう!

 

水中ヒーターもありますが、半水棲の場合は水深が低いので事故の原因になる場合もありますので使用しないようにするのがベスト。

 

スポンサーリンク

 

日常の管理

 

餌に与え方は陸棲種と同じです。

幼体は毎日、成体は1日置きで餌の種類も単調にならないように。

 

ビタミンやカルシウムも摂取させましょう。

特に肉食性の種に淡水魚のみを与えたりしていると、ビタミンB₁が絶対と言っていいほど欠乏しますので必ず補給しましょう。

 

日光浴も陸棲種と同じです。

出来なくても紫外線を照射するライトを水槽に設置していれば大丈夫です。

 

スポンサーリンク

カメの飼育の種類3、水棲種の飼い方

 

亀

 

SPIN☆
SPIN☆

ここではスッポンの仲間やスッポンモドキ、ワニガメ、マタマタなどが当てはまりますよ~。

飼育ケージ

 

こちらもカメの大きさに合わせます。

水槽の中を自由に泳げるようになるべく大き目を選んでください♪

 

 

底に敷く砂は弱酸性から中性が好ましいです。

半水棲でご紹介した砂でOKです!

特にスッポンの仲間は砂に潜るので厚めに敷いてあげるといいでしょう。

 

スッポンモドキ、マタマタには必要ありませんが、スッポンの仲間やワニガメの幼体は稀に陸に上がって甲羅干しをしますので、レンガなどを重ねて設置し陸地を作ってあげましょう。

 

レンガなど角があるものは個体が上がった時に体がすれて傷付かないように角は必ず落としておいてください!

そして陸地に上がりやすいように水面はレンガの高さすれすれに合わせることも必要。

 

 

汚れた水で飼育すると皮膚病にかかることがありますので、水はもちろんろ過します。

この際にフィルター本体と亀が直接接することのない外部フィルターがおすすめ。

 

外部フィルターの出水パイプはシャワーパイプなどにして、カメが触れないよう必ず水面から話して設置しましょう!

 

紫外線も照射しましょう!

水槽の大きさに合わせてワット数や数を調整しましょう♪

カメの種類によっては必要ない場合もあります。

 

 

保温には水中ヒーターを使います。

 

水温を15~35度にコントロールできるサーモスタットとヒーターが一体となっているタイプで便利です。

水の量によって種類がありますので注意して選んで♪

 

このような仕切り板を使用し、ヒーターや水温計、外部フィルターの吸水パイプなどカメが泳ぐスペース以外に集めておくのもベスト。

 

カメが大きいとこれらの器具が簡単に破壊されてしまう恐れがあるから(;’∀’)

 

 

スポンサーリンク

 

日常の管理

 

餌の与え方は半水棲と同じです。

ビタミン類やカルシウムの添加も同じ。

 

ただ、水中で摂取するため、水に溶けてしまいます(;^ω^)

カプセルに入れて餌に仕込むのもいいですが、手間かかりますしね。

 

今は水棲種用の人工フードがあり、ビタミンやカルシウムなどバランスよく配合されていますので、そちらで代用が出来ます。

 

 

ミミズを食べる種類なら糸ミミズもあり。

 

半水棲種と同様ビタミンB₁の欠乏に注意が必要です。

日光浴や紫外線の照射も陸棲種と半水棲種に準じます。

 

水棲種には顎の力が特に強いタイプがあり、咬まれると危険な種類が多いので、給餌の際の取り扱いに十分に注意しましょう♪

 

スポンサーリンク

便利アイテム

 

この他にも必要なものだったり、便利だったりするアイテムがあります。

ちょっとだけセレクトしてみました~♬

 

こちらは保温器具やライトなどを管理してくれる優れものです。

初心者でも温度管理がしやすい道具です。

 

こちらよりもっと便利なのが、

イージーグローよりお値段しますが、タイマー機能付きでもっと細かい設定が出来ます。

 

観賞魚飼育水槽内の水温の下がりすぎを防止するため、設定温度になれば観賞魚用冷却ファンに電源を切るための器具で

こちらは水槽用のファン専用のサーモスタット。

ケージや水槽内の温度や水温が下がりすぎを防止し、設定温度人なれば電源を切るための便利な道具です。

 

 

こんな便利なセットのタイプもあります♪

 

まだまだ小さい幼体の亀ならこんな簡易なものもあり。

 

水槽のお掃除に活躍してくれそうなこんなアイテムも。

 

レイアウト用品も充実♪

 

他にもたくさんあります♪

カメちゃんがあくまで過ごしやすいようにしながら、このようなアイテムで楽しむのもおすすめ!

 

スポンサーリンク

カメの飼育3種類のまとめ

 

カメまとめ

 

これらはあくまで基本的なものです。

飼育するカメの種類によって違いがありますので、色々アレンジして可愛い亀ちゃんが過ごしやすい環境を作ってあげてくださいね♬

カメ
スポンサーリンク
SPIN☆

皆さまはじめまして♪
SPIN☆と申します。

爬虫類に興味を持ち始め、現在に至ります。
爬虫類の奥深さに日々勉強です♬
初心者でもわかりやすいようにご紹介できればと思います!

爬虫類探偵SPINの部屋

コメント