【初心者向け】WordPress5,0リライトすると段落が消えた!解決策は?!

 

皆さんこんにちは!

超弱小ブログを運営しておりますSPIN☆と申します♪

 

WordPressのヴァージョンをいつも通りに更新したら、

エディタの仕様が大幅に変わってビックリ!!!

 

何やら、

タイトルや画像なども各々のブロックに分かれており、

最初は戸惑いましたが、

どうにか慣れてきたところ、

おかしなことに気が付きました!!!

 

それは、

記事をリライトすると、

プレビュー画面で段落が消えてるし( ゚Д゚)

 

理由がわからず色々調べると、

WordPress5,0の新エディタは「Guten berg」というもので、

さらにWordpressビジュアルエディターには、

自動整形機能が付いているのが原因だとわかりました!!!

 

ブロガーの先輩方も手を焼いているようで、

プラグインやらも良いのがなさそうだし、

なんていうのかな。

 

HTML?

そういうのをちょちょっと弄る?

カスタマイズする方法とかはあったけど、

素人だし全く意味わかんないし、

わかりやすく説明してくださっていても、

怖くて弄れない(;’∀’)

 

そんな中、

試行錯誤してどうにか直す方法を発見!!!

 

かなりの手間と時間がかかりますし、

今後はこの解決策がいつまで通用するのかもわかりませんが、

とにかく段落がないと、

読みにくいので頑張って全ての記事を修正しました!

 

段落が消えるといっても、

様々な種類?があるので、

どういう風に段落がおかしくなったのか、

タイプ別に異変と解決策をご紹介いたします♪

 

超弱小ブログの運営記録はこちらからどうぞ♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログで稼げるのか?ワードプレス初心者の超弱小ブログ3か月目!
皆さんこんにちは!SPIN☆です。 SPIN☆がブログを始めて3か月がたちます。 結果はいかに!!!!! はい。 ダメダメ過ぎます(-_-;) 悲しいほど...........

 

 

スポンサーリンク

WordPress新エディタでリライトすると段落が消える問題

 

この異変に気が付いたのが、

記事をリライトした時のプレビュー画面です。

 

WordPress5,0以前の記事と、

それ以降の記事とでは段落の異変は少し傾向が違っていました。

 

WordPress5,0以降と以前でどんな異変だったのかをまずご説明いたします!

 

WordPress5,0以降の新エディタで書いた記事の段落問題

 

WordPress5,0以降の新エディタでブロックに分けて書いた記事は、

リライトすると(一部のクラシックブロックのみ)、

プレビュー画面でリライトしていないブロック(クラシックエディタ)

の段落が消えていました…………。

 

リライト前

 

私の場合はタイトルブロック、

画像ブロック、クラシックエディタブロックでいつも記事を構成しています。

 

あくまで例えです。

冒頭分を入れ忘れたよ(;^ω^)

クラシックエディタブロックが全部で3つありますが、

その一番上だけの分をリライトし更新。

 

そしてプレビューをみると……..。

 

リライトし更新後のプレビュー画面

 

お分かりいただけますか?

 

3つあるうちのクラシックエディタブロックの一番上のみ、

リライトし更新すると、

リライトしていないクラシックエディタブロックの段落が消えるんです( ゚Д゚)

 

それを直そうと、

今度は段落が消えたクラシックエディタブロック2つに段落をいれ、

更新すると………….。

 

下2つの段落は直り、

一番上のクラシックエディタブロックの段落が消えるという、

まさにイタチごっこ状態で、

永遠に直りません!!!

 

更に追加情報。

新エディタ画面の右側部分の「文書」「ブロック」のどれかを追加・変更しても、

クラシックエディタブロック内の文章の段落は消えます………..。

 

例えばアイキャッチ画面を設定し忘れて、

そこだけ弄ったとしてもです。

 

気のせいかな?

タイトルブロックのみ、

画像ブロックのみの変更で更新したら大丈夫なような……….。

でも一応そこかを直したらプレビュー画面で要チェックです!!!

 

WordPress5,0以前に書いた記事の段落問題

 

こちらは新エディタで言うところの、

クラシックエディタブロック1つに、

タイトル、画像、文章全てが一緒になっています。

 

なので、

旧エディタの時と何ら変わりがないように思われ、

ホッとしたのですが………..。

 

こちらもリライトし更新すると、

段落が消えました。

 

さらにプレビュー画面で確認しても段落が消えていました。

 

そう。

新エディタ以前に書いた記事を、

新エディタ使用のままリライトすると、

編集画面とプレビュー画面の両方ともが、

段落が無くなるんです(-_-;)

 

何度も段落を入れなおし、

更新してみましたが一向に直らず……………。

 

スポンサーリンク

WordPress5,0で消えた段落を直す方法

 

私はパソコン音痴。

ブログを始めて色々と勉強しようと調べたり書籍を購入したりしましたが、

どうにも脳が受け付けない(;’∀’)

 

何もかもが意味不明の言葉の羅列……….。

 

もっと頑張れよ!!!

って感じですが向き不向きは誰にでもあること。

そう割り切りました~。

 

WordPress5,0でリライトして消えた段落を直す方法は、

パソコンの知識がない、

HTML?やらをいじるのが怖い、

プラグインを増やしたくない。

 

そんな方におすすめです。

そして、

 

この方法は色々試行錯誤して発見したこと。

とても単純なこと。

でも楽ではないこと。

今後もこの方法が通用するのか不明なこと。

 

これらをご了承くださいませ♪

 

WordPress5,0以降に書いた記事の段落を直す方法

 

WordPress5,0以降に書いた記事、

要は新エディタそのままを使用し書いた記事は、

どこか一つ弄って更新すると、

手を加えていないクラシックエディタブロックの文章の段落が消えます。

 

段落が消えたクラシックエディタブロックの文章に、

段落を入れ直し更新しても、

今度は違うクラシックエディタブロックの文章の段落が消えるという無限ループ………。

 

なので私は考えてみた。

直したいところは一部分でも、

全てのクラシックエディタブロックの文章を、

さも手を加えたかのようにすると良いのでは?と。

 

さも手を加えたかのようなとはどんなことか?

って話ですが、

私の場合、

全てのクラシックエディタブロックの文章を、

段落を入れてまた戻すということをやりました。

とにかくすべての文章を動かす!

 

そうすると、

プレビュー画面で正常に段落がある文章に!!!

 

でも、

またその記事のどこかをいじると、

段落が消えますのでその都度全てのクラシックエディタブロックの文章を、

動かさなければなりません(;’∀’)

 

私の場合記事数がまだ少なかったから(多分160記事くらい)

良かったですが、

もっと多い方はこの方法は大変ですよね(;’∀’)

 

そういう方は、

Wordpres5,0以降、以前に書いた記事関係なく、

次の方法で直すのも一つの手かもしれません。

 

ですが、

いずれは新エディター(ブロックエディター)のみになる可能性もあるので、

私はあえてWordpres5,0以降に書いた記事は、

新エディターのままにしておこうと思いました!

 

WordPress5,0以降に書いた記事の段落を直す方法

 

こちらは色々試しましたがダメでした(-_-;)

調べてみると、

先輩ブロガーさんの記事で、

旧エディタで書いた記事を新エディタでリライトすると不具合が生じると。

 

それを回避するには、

プラグインの「Classic Editor」を使うと良いと。

 

なるべくプラグインは増やしたくなかったので、

かなり粘って試行錯誤しましたが、

これに関しては素直にプラグインを導入することに………..。

 

あれ?!

話違うじゃん!!!

 

 

って、

そう思うよね~(-_-;)

 

でも致し方なくなのです!

しかも導入して正解!!!

 

この「Classic Editor」というプラグインを使うと、

ダッシュボード→投稿一覧→タイトル下に、

編集(ブロックエディター)編集(旧エディター)

と表示されます。

 

旧エディタで書いた記事を編集するときは、

この「編集(旧エディター)」をクリックし、

編集→更新→プレビュー画面で確認すると、

あれだけ直らなかった段落問題が見事に解決!!!

 

そしてまた投稿一覧へ戻ると、

記事タイトルの右側に、

この記事は旧エディターまたはブロックエディタ―で書いているのか、

わかるようになっています。

 

タイトル右側に「旧エディター」または「ブロックエディター」

と明記されるようになります。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

リライトすると段落が消えてしまう問題の解決方法は、

「Wordpres5,0以降に書いた記事」

「Wordpres5,0以前に書いた記事」

で違いますが、

全ての記事を、

プラグイン「Classic Editor」を使用して、

「旧エディター」で直してしまうのも一つの手かと思います。

 

でも私はあえてこの二つの方法を取りました!

新エディター(ブロックエディター)で書いた記事は、

そのまま使いたかったから。

 

クラシックエディターが使用できるのも、

いつまでか不明ですし、

今後どんな変更が加えられるかもわからないですから(笑)

 

直したいけど、

HTML?っていうの?

ソースコード?(自動整形機能をオフにする方法とか)

そんなものを弄るのは怖くてできない、

だからといってプラグインを増やしたくない方には、

かなり手間がかりますが是非試してみてください!

 

ご意見ご感想、

悩み相談なんでもいいので是非お気軽にコメントくださいね~♬

コメントか一番下までスクロールしてね♡

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

その他カテゴリー
スポンサーリンク
SPIN☆

皆さまはじめまして♪
SPIN☆と申します。

爬虫類に興味を持ち始め、現在に至ります。
爬虫類の奥深さに日々勉強です♬
初心者でもわかりやすいようにご紹介できればと思います!

爬虫類探偵SPINの部屋

コメント